2012年11月13日火曜日

VMware上にTurbolinux 11 Serverをインストールしてみた

■ISOの入手
以下のサイトにアクセスしDownloadをクリック

http://www.turbolinux.co.jp/products/starterkit.html

アドレス情報を登録するとメールが届くので、そのメールに記載されているダウンロードリンクから2枚のISOをダウンロードします。
今回は64bit版をダウンロードしました。

また、今回ダウンロードしたISOは30日間無償で使用できるライセンスとなりますので、それ以上の利用を希望される際には公式サイトからユーザ登録を行い製品版を購入しましょう。

■インストール手順
  1. ダウンロードしたISOのうち「musasabi64-SP1-disk1.iso」をまずはインストールする
  2. VMを1台作成し起動、BIOS画面からCD-ROMドライブで起動するように設定しCD-ROMをマウントし再起動
  3. するとISOから起動し始めるのでインストールを開始する
  4. インストール終了後更に追加したいパッケージがある場合には「musasabi64-SP1-disk2.iso」をマウントして必要なものをインストールする

参考までに自分がインストールした設定を以下に記載しておきます




今回は日本語インストールを実行します




標準インストールでいきます


日本語キーボードを選択




パーティションは自動で切ってもらいます


ブートローダはインストールします






標準サーバとしてインストールします


今回Xはインストールしませんが、設定はしておきます








追加パッケージのインストール画面になったらマウントしていたmusasabi64-SP1-disk1.isoをアンマウントし,musasabi64-SP1-disk2.isoをマウントしなおします




vmware-toolsのインストールに必要なperlとgccをインストールします
※実はmake等も必要でしたが、実際にvmware-toolsをインストールするときにTurbolinuxのインストールディスクをマウントしたら自動で必要なパッケージをインストールしてくれました





ここまでインストールできたら再起動します起動後にvmware-toolsの自動インストールを実行して終了となります

■その他(メモ)
  • ブートローダはRHEL系のanacondaではなく独自のmongooseと呼ばれるブートローダを使用している
  • 実はvmxnet3のドライバが入っていない。そのためE1000でネットワークカードをつける必要がある(すごいはまりました・・・)


いじょうです
TurboLinuxは商用なので、ISOを手に入れるのが一番大変かもしれませんw

0 件のコメント:

コメントを投稿